近距離 引越し 安い

近距離の引越し料金がどのくらいかかるか、相場を知りたい!

同じ県内での引越しは、近距離の引越しと言われます。
近距離の引越し料金がどのくらいかかるか、相場を知りたいですね。

 

近距離の引越しは、一般的に荷物の量に比例します。
単身赴任や一人暮らしなら2万円〜6万円、ファミリーなら4〜10万円くらいになります。
随分差があるんじゃないか?と思われたでしょう。

 

それは引越し業者によって設定している人件費やトラック代、交通費などが異なるからです。
それに引越しする人もとにかく安ければいいという方も、高くてもいいから丁寧に引越しして欲しいという方もいらっしゃいます。
様々なニーズがあるので、安いから良い高いからダメということはないのです。

 

でもどこの引越し業者が安くて、どこの引越し業者がサービスがいいのかわかりません。
引越し業者の数はとても多く、一般的に大手と呼ばれるところが5〜10社、それ以外を合わせると数え切れません。
しかも自分の住む地域にある引越し業者すべてに連絡するなんて、到底無理な話です。

 

それを出来るだけ可能にしたのが、Web一括見積りです。
現住所や引越先の住所、荷物の量などを1回入力するだけで複数の引越し業者からの見積りが可能という画期的なサービス
もちろん見積りは何社取っても無料です。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

まずは荷物の量を把握しましょう。引越し先に持っていきたい荷物とそうでない荷物をしっかり分けて少なく見積りしないように心がけてください。
当日トラックに入りきらないなどトラブルの原因になります。

 

そして引越し日を決めます。引越し日は費用を決める上で重要な要因です。
引越しは土日祝日に集中する傾向があります。それに家賃の関係から月末に引越ししたいという方が多いようです。
だとすると、平日で月初めは月の半ばは狙い目です。
さらに午前便は人気があるため費用が高めですが、午後便は安くなるチャンスです。
ただし、時間が不安定なので時間と心に余裕がある場合におすすめです。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの時期と値段には関係があります。

 

引越し時期

 

引越し業者には繁忙期があり、それは3月前後のことです。
2月の終わりから4月の頭までが繁忙期です。

 

どうしてこの時期が繁忙期となるのでしょうか?

 

それは日本では新学期が4月からなので、それに向けて3月に引越しが一点集中するからなのです。

 

長い大学受験を終えた新大学生、就職活動を勝ち抜いた新社会人の皆さんが、新学期から新しい環境に飛び込みます。
入学、入社準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりするのです。
その数は尋常ではありません。

 

さらに日本の企業は全国展開のところ多いため、春と秋年に2回人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、3月に転勤する家族や単身赴任をするサラリーマンが引越しをします。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月は引越し業者の繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとします。
それでも数が多すぎて間に合わない日もあり、そういう日は予約を受け入れてもらえないこともあり得ます。

 

もし繁忙期に引越しをするのであれば、準備は早めに行ってくださいね。
こんな状況ですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。