近距離 引越し 安い

近距離の引越し料金がどのくらいかかるか、相場を知りたい!

近距離 引越し

近距離 引越し 相場

近距離 引越し 見積もり

近距離 引越し 価格

近距離 引越し 費用

 

同じ県内での引越しは、近距離の引越しと言われます。
近距離の引越し料金がどのくらいかかるか、相場を知りたいと思いませんか?

 

一般的に引越し費用は荷物の量に比例しますので、人数が多いほど高くなります。
単身赴任や一人暮らしなら2万円〜6万円、ファミリーなら4〜10万円くらいが相場と言われます。
しかし随分金額に差があるんじゃないか?と思われたことでしょう。

 

なぜなら、引越し業者によって設定している人件費やトラック代、交通費などが異なるからです。

 

それに引越しする人もとにかく安ければいいという方も、少し高くてもいいから丁寧に引越しして欲しいという方もいらっしゃいます。
金額重視・安心重視など様々なニーズがあるので、金額が安いから良い・高いからダメということはないのです。

 

でもどこの引越し業者が安くて、どこの引越し業者がサービスがいいのかわかりません。
引越し業者の数はとても多く、一般的に大手と呼ばれるところが5〜10社、それ以外を合わせると数え切れません。
しかも自分の住む地域にある引越し業者すべてに連絡するなんて、到底無理な話です。

 

それを出来るだけ可能にしたのが、引越し業者一括見積りです。
現住所や引越先の住所、荷物の量などを1回入力するだけで複数の引越し業者からの見積りが可能という画期的なサービスです。
もちろん見積りは何社取っても無料ですから、賢くご活用ください。

 

近距離 引越し 安い

 

 

さて、まずは荷物の量を把握しましょう。
新居に持っていきたい荷物とそうでない荷物をしっかり分けて、決して少なく見積りしないように心がけてください。
少なく見積もると金額は安くなりますが、当日トラックに荷物が入りきらない・追加料金を請求されたなどトラブルの原因になります。

 

そして引越し日を決めておきましょう。引越し日は費用を決める上で重要な要因です。

 

引越しは土日祝日、それに家賃の関係から月末に引越ししたいという方が多くなります。
だとすると、平日の月初め〜月の半ばは費用が安くなるかもしれないので、狙い目です。

 

さらに午前便は人気があるため費用が高めですが、午後便は安くなるチャンスです。
ただし、時間が不安定なので時間と心に余裕がある場合におすすめです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの時期と値段には関係があります。

 

引越し時期

 

引越し業者には繁忙期があり、それは3月前後のことです。
2月の終わりから4月の頭までが繁忙期です。

 

どうしてこの時期が繁忙期となるのでしょうか?

 

それは日本では新学期が4月からなので、それに向けて3月に引越しが一点集中するからなのです。

 

長い大学受験を終えた新大学生、就職活動を勝ち抜いた新社会人の皆さんが、新学期から新しい環境に飛び込みます。
入学、入社準備のために一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりするのです。
その数は尋常ではありません。

 

さらに日本の企業は全国展開のところ多いため、春と秋年に2回人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、3月に転勤する家族や単身赴任をするサラリーマンが引越しをします。

 

これに通常の引越しも加わるのですから、3月は引越し業者の繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとします。
それでも数が多すぎて間に合わない日もあり、そういう日は予約を受け入れてもらえないこともあり得ます。

 

もし繁忙期に引越しをするのであれば、準備は早めに行ってくださいね。
こんな状況ですから、繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

引越しのだいたいの手順

 

近距離 引越し 手順

 

引越しの手順を知っておくと、だいぶ気分が楽になります。
おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのかによっても金額が変わりますので、まずは新居が決まらないと正確な引越し費用を見積もることができません。
引越し業者への見積もりは、新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

そして引越し料金は荷物の量に比例して値段が変わります。
荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。
不用品はどんどん処分して荷物を減らし、今すぐ使わない季節の服などから梱包していきましょう。

 

市外への引越しの場合は、市町村役場で転出届を提出します。転出届は引越しの2週間前から提出することができます。
出し忘れると提出しに戻る、もしくは前役所に連絡して郵送してい記入後に送り返すなど、非常に手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険の手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配を。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらうと良いですね。

 

郵便物が届かなくなるのはとても不便ですね。
しかし最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
この1年間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしておきましょう。

 

引越しの当日は荷物の運搬はすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具・家電の配置を指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて、引越しスタッフに渡しておくと便利です。
貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらはもし破損させてしまって保険を使用しても、お金で解決できるものではありません。自己管理にて大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら転居届を市外引越しなら転入届を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルになりますから、忘れないうちに行ってください。

 

 

引越しのオプションサービス

 

引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と交通費とオプション費の合計になります。
スタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費というのはわかりやすいのですが、オプション費というのは何でしょう?

 

引越し業者の行っている有料オプションは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

自分に必要なものだけを選んで、受けられるサービスです。

 

エアコンは屋外の室外機と配管で繋がれていますから、電気屋さんでないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
しかも旧居で1回、新居で1回の合計2回も来てもらう必要があるので、とても面倒なのです。

 

その面倒な電気屋への手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。
ピアノの引越しをご希望の方は申込みの際にピアノの運搬をオプションで依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

 

レンタカー引越し

 

引越し レンタカー

 

レンタカーと借りて引越しをしたら、引越し費用は安く済むのでしょうか?
検証してみましょう。

 

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満なのです。
レンタカーのトラックで2t未満だと、1tか1.5tか軽トラックのどれかです。

 

トラックの荷台のサイズはだいたい以下のとおりです。

 

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

 

もし運ぶものが少ないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。
距離が近い場合も軽トラックはオススメできます。

 

レンタル料はどのトラックも1日7000〜10000円程度です。
借りた時間内に終わらなかった場合は、延長料金が発生します。
この他にも使った分のガソリン代も必要です。

 

レンタカー引越しで一番問題となるのは運ぶ距離ではないでしょうか。

 

遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるので、手間がかかるわりにお得感がありません。
レンタカーを借りた営業所と違う営業所に返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。

 

体力的にもかなり辛いのでレンタカーで引越しをする場合は、近距離の場合にしておきましょう。